IELTS対策コーチングセンター

お問合せ資料請求資料請求

IELTS(アイエルツ)について


IELTSリーディング勉強法について: 
速読力の勉強方法

IELTSのリーディングは時間との勝負、
速読力が全てのカギを握ります。

IELTSのリーディングセクションはハイレベルな速読力が必要不可欠!
IELTSのリーディングセクションはTOEFLと比べると唯一難しいセクションと言われています。その理由はその文章の長さで、1つの文章につき約750語程度あり、それを約15〜20分程度の時間で読む必要があります。

そのため、相当高いレベルの速読力を要求されることになり、かなりの読解力がある方でも速読力が伴っていないと歯が立たない場合があります。

IELTS必須速読力の習得方法

IELTSのリーディングに必要なのは、何より「速読力」です。なぜなら、リーディング全体に与えられた時間は60分で、その中に3つのパッセージがあるため、1つのパッセージにかけられる時間はわずか20分ということになるからです。

1パッセージは約750語。受験者はそれを読んだ上で、12問から14問程度の問題に答えなければなりません。よって、1分間に130〜140語読んでいき、残りは1分1問のペースで問題を解くのが理想となります。人間の集中力はそこまで長く保たないので、ある程度楽に読み切れるだけの速読力が要求されるといえるでしょう。

また、どのような内容が出るかというのも皆さんが気になるところだと思います。大まかな傾向だと、文系・理系の内容がほぼ半々くらいだといえますが、どちらも専門的な知識が必要というわけではありません(そうでないと不公平となるからです)。文章の意味をきちんと読み取れれば、確実に正解が出せるはずです。

そういった速読力を付けるためには、日々の勉強時に必ずパッセージごとに時間を計って読む訓練をすることが必要不可欠です。時間を計らずただ漠然と読んでいても速読力を付けることは難しいのが現状で、一度精読したパッセージでも構わないので必ず1パッセージ5分程度ので読み込むことができるよう訓練を重ねていくことが重要です。

【まとめ】
リーディングセクションでハイスコアを取得するためには速読のスキルが非常に重要となる。速読訓練をする際、必ず時間を測ってプラクティスすることが重要となるが、下記を意識し進めることが重要となる。

@ 750語を20分以内に理解する訓練
A 140語を1分間で理解する訓練
B 1分で1つの設問を解く訓練



なぜマンツーマンでなければスコアは伸びないのか?
ブース形式ではないのでプライベートクラスが可能
GREテスト対策ラボ 日本人留学生のための対策方法
GMAT対策研究所 日本人留学生のための対策方法
大学院留学何でも相談室
個人で成功する大学院留学
東京国際フォーラムにて大学院留学セミナー毎月開催中
大学院留学専門情報サイト
大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社
TOEFLiBT専門対策ならTOEFLiBT対策カレッジ
MBA留学センター
海外大学院サーチ (社)大学院留学協会

IELTS対策コーチングセンターサイトマップ
IELTS(アイエルツ)
対策センターについて
当カレッジについて
講座(コース)の紹介
講座(コース)費用
申込方法
IELTS(アイエルツ)
について知ろう
概要と目的
受験申込方法
セクション解説
他のテストとの比較
IELTS(アイエルツ)
対策法についての解説
リーディング対策法
リスニング対策法
ライティング対策法
スピーキング対策法
IELTS(アイエルツ)
勉強法についての紹介
リーディング勉強法
リスニング勉強法
ライティング勉強法
スピーキング勉強法
IELTS(アイエルツ)
対策海外留学サポート
IELTS対策留学
海外大学編入
大学院留学