IELTS対策コーチングセンター

お問合せ資料請求資料請求

IELTS(アイエルツ)について


IELTSスピーキング勉強方法について: 
スピーチの勉強法方について

効果的なスピーチ力は入学後、
または社会に出た後も非常に重要な要素となります。

入学後、現地就職のことも考えスピーチ能力は確実に付けておきましょう!
効果的なスピーチ力を留学前に付けることは留学中だけでなく社会人になる際も非常にも非常に重要なことです。

ここでいうスピーチとは、以下のようなテーマ、

Describe a gift you have received that was important to you.
Why it is important to you .


に、しっかりと回答をし、その回答について読み手を説得できるのか、という点が焦点になります。つまり英会話の能力も必要ですが、相手をしっかりと納得させ、論破するコミュニケーションの能力を習得する必要があるということです。

効果的なスピーチ勉強法

市販されている教材などをもとにどのようなトレーニングをするか、説明しましょう。以下の手順になります。

1.体験
挑戦するトピックを選んだら、本番と同じように4〜5分を計って、自分で考えた答えをボイスレコーダー(携帯電話などでも構いません)に録音する。その後、再生した音声を書き起こして体験版のスクリプトを作成。この際に語数も調べておくこと。

2.修正
自分のスクリプトにも活用できそうな全体の構成・表現・単語を盗む。なかなか上手く表現できないところは、和英辞書などを用いて正しい英語に修正する。その後修正版スクリプトを作成。

3.定着
修正版スクリプトを何度も繰り返して読み、見ないで暗唱できるようになるまで練習する。暗唱できたら、もう一度時間を計って録音・再生し、問題点を洗い出す。スムーズにいかない箇所があれば、さらに録音と再生を繰り返す。

4.確認
一週間程度空けて、スクリプトを見ずに再現できるかどうか確認する。
この4つの行程を様々なトピックに合わせて行っていけば、スピーキング能力は相当上がるはずです。

スクリプトの有効活用

上記では、スクリプトを作っては修正し、さらに暗唱できるようにするという学習法をお勧めしました。

ただ、スピーキングは当然「書く」のではなく「話す」試験なので、スクリプトに頼ると本番で言葉が出なくなると主張する人もいるようです。確かに、スクリプトを書いて直して……「だけ」でスピーキング能力が身に付くなどということはないでしょう。しかし、がむしゃらに話す訓練だけを行う「だけ」でも、IELTSで高得点を取ることはできないのです。

スクリプトを作ることは、自分の中からは絶対に出てこない、IELTSに向いた単語・表現などを身に付けるということです。進めていけば、どのトピックにも使える言い回しを覚えることもできます。この経験がなければ話す内容も不満足なものになってしまうでしょうし、書き起こすことで自分が今どれくらいの位置にいるかを客観的に知ることもできます。

スピーキングに模範解答はありません。少しでもTOEFLに通用する内容に近付けるためには書くだけでも、話すだけでもダメで、両輪をうまく動かしていくことが大事なのです。


なぜマンツーマンでなければスコアは伸びないのか?
ブース形式ではないのでプライベートクラスが可能
GREテスト対策ラボ 日本人留学生のための対策方法
GMAT対策研究所 日本人留学生のための対策方法
大学院留学何でも相談室
個人で成功する大学院留学
東京国際フォーラムにて大学院留学セミナー毎月開催中
大学院留学専門情報サイト
大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社
TOEFLiBT専門対策ならTOEFLiBT対策カレッジ
MBA留学センター
海外大学院サーチ (社)大学院留学協会

IELTS対策コーチングセンターサイトマップ
IELTS(アイエルツ)
対策センターについて
当カレッジについて
講座(コース)の紹介
講座(コース)費用
申込方法
IELTS(アイエルツ)
について知ろう
概要と目的
受験申込方法
セクション解説
他のテストとの比較
IELTS(アイエルツ)
対策法についての解説
リーディング対策法
リスニング対策法
ライティング対策法
スピーキング対策法
IELTS(アイエルツ)
勉強法についての紹介
リーディング勉強法
リスニング勉強法
ライティング勉強法
スピーキング勉強法
IELTS(アイエルツ)
対策海外留学サポート
IELTS対策留学
海外大学編入
大学院留学