IELTS対策コーチングセンター

お問合せ資料請求資料請求

IELTS(アイエルツ)について


IELTSリスニング対策方法について: 
リスニングセクション対策方法

リスニングセクションの対策は、
問題の出題形式に沿った対策方法を把握すること


リスニングセクションの出題形式を把握することで効果的な対策方法が実現!
IELTSのリスニングセクションはTOEFLやTOEICなどのその他のテストと同様に出題形式が決まっています。

こちらのようにリスニングセクションは問題を始める前にある程度の対策を行なうことによって、リスニングの内容を推測することができます。どこに注意をして聞けばいいのか、といったことも問題を最初に確認することによって把握することができますので、TOEFLにリスニング比べると格段に難易度は低いと言えるでしょう。

ただ、TOEFLの大きく違う点として、出願形式が多種多様で、それらの問題になれることが非常に重要と言えます。下記に出題形式の中でも特に解答難易度の高いものを解答ストラテジーと共に紹介しています。

Flow chart/Table Completion : 表、チャートの完成問題
Class 1 Days: Monday - Friday
Time: 10:00 ? 12:00
Level: ___________________
Class 2 Days: Wednesday, Friday
Time: ____________________
Level: Upper Intermediate
Class 3 Days: ____________________
Time: 19:00 ? 21:00
Level: ____________________
Class 4 Days: _____________________
Time: 9:00 ? 12:00
Level: Beginner


Write No more than two words and/or number for each answer.
Korean Class Schedule

この種の問題は、上記のように表の一部を埋めることによって表やチャートを完成させる必要があります。

■回答ストラテジー:
この種の問題を解く際一番重要なことはリスニングを聞く前に必ずこの問題を把握しておくことです。韓国語のクラスは4種類あり、その4種類の開講日、開講時間、対象レベルを聞かれるということを意識しリスニングを聞くことです。

リスニングを聞いている最中に韓国語のクラスの開講スケジュールの話(今回であれば語学学校の受付スタッフが説明する)は始まったら注意深く聞くことです。

さらにこの種の問題でもう一つ大事なことは、リスニングを聞きながらメモをとることです。表完成問題のように解答に細部を聞き取る必要のあるものは、リスニングの最中にメモをとっておこなければ答えることができません。ただメモとりに気をとられていると肝心のリスニングが聞こえません。そこでメモとりは最低限に抑える、ということは重要になります。

Class 1 Days: Monday - Friday
Time: 10:00 ? 12:00
Level: LI        
(Lower Intermediate)
Class 2 Days: Wednesday, Friday
Time: 4-6       
Level: Upper Intermediate
Class 3 Days:         
Time: 19:00 ? 21:00
Level: ____________________
Class 4 Days: 土日       
Time: 9:00 ? 12:00
Level: Beginner


例えば以上のように後々自分で見て分かる範囲で必要最低限の単語(スペル)を書いておくことです。もちろん時には日本語でも構いません、とにかくリスニングを聞き終わった後に答えられる様最低限の言葉でメモをしておくことです。

Complete Sentence : 文の完成問題

Complete The sentences below.
Write no more than TWO WORDS for each answer.
1. There are Korean classes for Business and ________________.
2. Mr. John Mochan wants to learn Korean because of ______________.
3. Mr. Nick Cleevely went to ______________ in Korea.

上記のような問題は、2単語以内で穴埋めをし分を完成されるという問題です。上記のように一つの空欄に入れられる単語の数は限られている場合が多いので注意が必要です。


この種の問題は、Table Completionと同様リスニングの前の問題を確認しておくことが必要不可欠です。

■回答ストラテジー:
この種の問題は、Table Completionと同様リスニングの前の問題を確認しておくことが必要不可欠です。

また、Table Completionのようにリスニングの内容がそのまま答えになるわけではなく、リスニングでは常に言い換えられていることを意識しなければなりません。

例えば、There are Korean Classes for Business and Touristsとリスニングで聞こえてくることはありません。言い換えられた形で表現されているはずですので、その表現を聞き逃さず理解することが重要です。

また、問題文とまったく違う単語に言い換えられていることもありますので、言い換え表現を理解するスキルを日ごろから意識することが重要です。


なぜマンツーマンでなければスコアは伸びないのか?
ブース形式ではないのでプライベートクラスが可能
GREテスト対策ラボ 日本人留学生のための対策方法
GMAT対策研究所 日本人留学生のための対策方法
大学院留学何でも相談室
個人で成功する大学院留学
東京国際フォーラムにて大学院留学セミナー毎月開催中
大学院留学専門情報サイト
大学院留学専門トータルサポート 大学院留学コンサルティング株式会社
TOEFLiBT専門対策ならTOEFLiBT対策カレッジ
MBA留学センター
海外大学院サーチ (社)大学院留学協会

IELTS対策コーチングセンターサイトマップ
IELTS(アイエルツ)
対策センターについて
当カレッジについて
講座(コース)の紹介
講座(コース)費用
申込方法
IELTS(アイエルツ)
について知ろう
概要と目的
受験申込方法
セクション解説
他のテストとの比較
IELTS(アイエルツ)
対策法についての解説
リーディング対策法
リスニング対策法
ライティング対策法
スピーキング対策法
IELTS(アイエルツ)
勉強法についての紹介
リーディング勉強法
リスニング勉強法
ライティング勉強法
スピーキング勉強法
IELTS(アイエルツ)
対策海外留学サポート
IELTS対策留学
海外大学編入
大学院留学